MENU

男性型脱毛症・AGAとは?記事一覧

最近抜け毛が増えてきたと思うことがある方は、季節によっても抜け毛が増えることを知っておきましょう。その上でどう考えても抜け毛が多いなら、予防や対策を講じておく必要があります。抜け毛が増えたと感じたら、いくつか予防法がありますので対策するようにしましょう。生活習慣の乱れ、ストレス、頭皮ケアが疎かなどによっても抜け毛が増えます。生活習慣の乱れは血流が悪くなり頭皮に栄養が行きわたりません。ストレスにより...

フケが増えるというのは頭皮の環境が異常になっており、髪の毛が育ちにくい状態になっている場合があります。フケが出て抜け毛が増えていると薄毛が進行することがあります。フケは健康な頭皮でも出ます。これは頭皮の皮膚の表面が剥がれ落ちてできるものです。通常は小さいので目立ちませんが、頭皮に湿疹ができたり、皮膚炎などが起こると頭皮の表面が落ちて、フケとして見えるようになります。フケが見えるほど大きくなり、増え...

薄毛や抜け毛が多いので悩んでいる方は予防対策などを行っているでしょうが、気が付かない間に抜け毛や薄毛が多くなっている場合もあります。兆候がひどくなると一気に抜け毛や薄毛が増えるので、早期発見していくことが大切です。抜け毛、薄毛の兆候はこのような髪の変化をチェックしていきます。・最近髪の毛が柔らかくなる・まとまりがない・コシやツヤがない・パサパサしている・フケが多い・ブラシ通りが軽い  ・・・など。...

人は強いストレスを感じ続けていると自律神経失調症になったり、うつ病になる場合もあります。ストレスは体に大きな影響を与えます。ストレスは髪にも影響を与えて、抜け毛・薄毛を加速させます。このストレスが原因で抜け毛・薄毛になる理由は、血行不良やホルモンバランスの乱れ、頭皮が硬くなる、睡眠不足、亜鉛が減少するといった理由です。特にホルモンバランスは重要で、ストレスを感じるとテストステロンという男性ホルモン...

髪の生えるサイクルは普通4〜6年のサイクルで生え変わると言われています。これはサイクルが順調なら、髪は減らず、かといって増えることもなく一定の毛量が維持されていくはずです。しかしこのサイクルが何等かの原因で毛母細胞の機能が低下すると、成長期に髪が育成できないということが起こります。そして活動が休止されると新しく生える毛が少なくなって、細くなり抜け毛が多くなります。そしてこれが薄毛の状態になります。...

男性の抜け毛や薄毛の原因は遺伝、男性ホルモンなどの影響が原因と考えられます。思春期以降に額の生え際や頭頂部といったところ、またはどちらか一方などから薄くなっていきます。特に抜け毛部分のDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度になり、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう原因物質だと考えられています。このジヒドロテストステロンは5αー還元酵素という酵素によりテストステロン(男性ホルモン)から作られます...

髪の毛は普通にしていても毎日抜けていきます。最近抜け毛が多いと感じる方は、正常な抜け毛が一体一日何本なのか本数が気になるところです。現実的に健康な方なら平均的な抜け毛の本数は1日50〜100本程度と言われています。個人差もありますが、季節によっても抜け毛の本数は変わりますので、目安にしてください。また年間では20000〜35000本抜けていくという計算になります。髪の毛は頭皮全体で10万本なので、...

自然脱毛がある一方、異常脱毛というものがあります。自分に起こっている脱毛が正常なのか、何かの原因で異常脱毛なのか判断する場合には専門病院に行き、診断してもらいます。自然脱毛は成人男性だと1日平均で50〜100本の髪の毛が抜けると言われています。秋などは200〜300本抜け毛があります。一方で異常脱毛とは毎日明快に100本以上の脱毛が確認された場合、異常脱毛の可能性があります。この異常脱毛は何らかの...

脱毛症と一口に言っても様々な種類や状態があります。男性に多くみられるのが男性型脱毛症と呼ばれるAGAです。これは男性ホルモンが大きく影響しています。次に円形脱毛症と呼ばれる、性別・年齢関係ない症状があります。免疫性疾患が原因と考えられています。また脂漏(しろう)性脱毛症は皮脂の異常分泌により毛穴がふさがり起こります。間違ったヘアケアやホルモンバランスの乱れが原因だと言われています。粃糠(ひこう)性...

男性型脱毛症で悩んでいる人は現在の日本では1,300万人近いと言われています。この男性型脱毛症は思春期以降の男性に発生して、頭頂部の髪の生え際が後退する、または頭頂部の髪が薄くなるといった状態になります。男性型脱毛症はAndrogenetic Alopeciaと呼ばれ、略称でAGA(エージーエー)と言われます。このAGAは遺伝的要因もありますが、男性ホルモンの影響が大きいと言われています。この男性...

男性型脱毛症の原因は遺伝や男性ホルモンが主に影響していると言われています。遺伝に関してはドイツ・ボン大学の研究者が「薄毛の遺伝子」という研究論文を発表し、アメリカの専門誌の電子版にその概要を発表しました。このような薄毛に直結する遺伝子が発表されたのは非常に珍しい話です。この研究によると40歳までに薄毛になり始めた男性の家系に関して血液分析をし、その結果、若いにも関わらず薄毛になってきた人はX染色体...

AGAの場合、父親や祖父がハゲなら遺伝するのかといった相談が多いようです。実際に遺伝や男性ホルモンなど複合的な要因でAGAになると考えられています。ドイツの研究チームによるとハゲの遺伝子を発見し、米国の専門誌に掲載されました。男性の母親から受け継ぐX染色体は、母方の祖父の頭髪で自分が将来薄毛になるかもしれないということがわかりました。若くしてハゲた方はX染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受...

男性型脱毛症AGAには色々な進行パターンがあります。中でもM字型と呼ばれるパターンはサイドの生え際から進行するパターンです。一般的には西洋人に多くみられるパターンがM字型でアルファベットのM字型のように薄毛が進行します。そこからM字型脱毛パターンと言われています。このM字型の場合は前頭部のこめかみから薄毛が進行していきます。そして頭頂部の髪がやや残りながら進行するパターンになります。わかりやすい例...

男性型脱毛症AGAの中にはO字型という脱毛パターンがあります。これは頭頂部から進行していくパターンの脱毛症です。アルファベットのO字のように見えて、頭頂部から円形に薄毛が進行していきます。東洋人の中で一番多いパターンは実はA型と呼ばれる前頭部から進行するパターン(頭上から見ると額の中央部の生え際からアルファベット情のA字に見える)が最も多いのですが、それに次ぐのがこのO字型です。人によっては自分で...

AGAの進行は人により個人差があります。最近薄くなったと急に気が付いた方がいる一方で、ゆっくり進行していく方もいます。ゆっくり進行した方は数年前の写真と今の自分が違うことに気が付いて初めてAGAだと気が付くこともあります。AGAの進行パターンには色々ありますが、N−H分類という方法によって分類されます。薄毛の進行パターンの分類です。大きく分けるとO型、M型、A型と呼ばれる3種類の進行パターンがあり...

AGA治療薬の種類と効果AGA治療薬の代表的なものはプロペシアという錠剤タイプのものがあります。この成分であるフェナステリドは、当初AGA治療のためのものではありませんでした。前立腺肥大症の治療薬だったのですが、抜け毛抑制の作用があるということがわかり、1997年にFDAに認可されて今日に至ります。3年使用で7割程度の方に改善傾向があると言われています。一方で別の種類としてはミノキシジルというAG...

フィナステリド(プロペシア)の効果フィナステリドは元々前立腺肥大や前立腺がんなどの治療に用いられてきた薬でした。しかし投与している最中に毛髪が濃くなるという作用が起きて、毛髪環境が改善されるということがわかりました。これにより世界で60か国以上で使用され、日本でも2005年以降に発売されるようになりました。男性型脱毛症のAGAは男性ホルモンのテストステロンが変化してジヒドロテストステロンになります...

ミノキシジルの効果ミノキシジルとは髪を作る毛母細胞に直接働きかけて、細胞の働きを活発化してくれます。その結果発毛を促す効果があります。元はAGA治療薬ではなく、高血圧患者のための、血管拡張作用として使われていた薬です。そのとき服用者の毛髪が増えたという声が上がり、発毛剤として考えられるようになりました。今では薄毛治療薬として認可を受けた効果がある治療薬です。ミノキシジルは血液の流れの滞りを解消する...

プロペシアは処方薬なので医療機関以外からプロペシアを入手することはできません。しかし最近ではネット経由でプロペシアを個人輸入される方がいます。ネットで手軽に入手できますが、注意点もあります。処方薬とされているからには理由があり、プロペシアを服用することで多少なりとも副作用が出ることがあるからです。例えば性欲減退、ED,肝機能低下、動悸などです。海外製のプロペシアを個人輸入するのは違法ではありません...

AGA治療薬には大きく分けると2種類あります。プロペシア(フェナステリド)とミノキシジルです。どちらも当初は別の治療薬として開発されたものですが、服用していた患者に発毛効果が認められてAGA治療薬として注目されるようになりました。どちらも薬なので副作用がないかというと人によっては現れることがあります。プロペシアは性欲低下、ED、じんましん、倦怠感といった副作用が出ることが認められています。そのため...

AGAクリニックと一般の皮膚科の違いAGAクリニックが増えていますが、一般的な皮膚科でもAGA治療を行っているところがあります。一般的な皮膚科でも治療が可能なら皮膚科でも良いような気がしますね。しかしAGAクリニックがあるのには別の理由があります。実は一般的な皮膚科は治療薬の処方程度しか行なわないという違いがあります。治療薬のプロペシア、ミノキシジルなどの薬を処方して専門的な治療はあまり行いません...

AGAクリニックの選び方AGAクリニックの選び方で最も重要なのはAGA治療の専門クリニックを選ぶことです。AGA治療と一口に言っても一人ひとり状態や進行が異なります。その方の髪の状態を把握して、必要な薬剤を処方していきます。つまり育毛薬や育毛剤などもその人それぞれのオーダーメイドのAGA治療を行わなければ効果はありません。一律に同じ治療であればAGAクリニックは必要なくなってしまいます。AGA専門...

AGAクリニックの費用の目安AGAクリニックの費用の目安を考えた時にまず気が付くのは通常の病院との費用の差です。料金体系自体が異なります。つまり一般的な病院なら保険が適用されて、一般的病気の治療費はどこでもほぼ一律になります。強いていうならジェネリック医薬品による差などです。しかしAGAクリニックは保険適応外になります。AGAクリニックの費用の目安は相場として月額20,000円から30,000円を...