MENU

薄毛・抜け毛の原因


髪の生えるサイクルは普通4〜6年のサイクルで生え変わると言われています。これはサイクルが順調なら、髪は減らず、かといって増えることもなく一定の毛量が維持されていくはずです。しかしこのサイクルが何等かの原因で毛母細胞の機能が低下すると、成長期に髪が育成できないということが起こります。そして活動が休止されると新しく生える毛が少なくなって、細くなり抜け毛が多くなります。そしてこれが薄毛の状態になります。AGAは男性ホルモンの中でも、ジヒドロテストステロンというホルモンの一種が反応することで起こると言われています。そしてこれにより毛母細胞自体の機能が低下してしまい、この髪の毛の生えるサイクルを乱してしまい、結果的に薄毛・抜け毛の原因になると言われています。

抜け毛・薄毛の原因とは

男性の抜け毛や薄毛の原因は遺伝、男性ホルモンなどの影響が原因と考えられます。思春期以降に額の生え際や頭頂部といったところ、またはどちらか一方などから薄くなっていきます。特に抜け毛部分のDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度になり、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう原因物質だと考えられています。このジヒドロテストステロンは5αー還元酵素という酵素によりテストステロン(男性ホルモン)から作られます。成長期が短くなると髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。このことで髪の毛が十分に育たなくなり、細くて短い髪の毛が多くなって、全体的な印象としては薄毛が目立つようになってきます。このように抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していくようになります。

異常脱毛の原因

自然脱毛がある一方、異常脱毛というものがあります。自分に起こっている脱毛が正常なのか、何かの原因で異常脱毛なのか判断する場合には専門病院に行き、診断してもらいます。自然脱毛は成人男性だと1日平均で50〜100本の髪の毛が抜けると言われています。秋などは200〜300本抜け毛があります。一方で以上脱毛とは毎日明会に100本以上の脱毛が確認された場合、異常脱毛の可能性があります。この異常脱毛は何らかの原因によりヘアサイクルが乱れて、髪の成長する時期が短くなり、休止する期間が長くなり髪の毛が薄くなることです。通常3〜5年で生え変わる髪の毛が成長の途中で抜け落ちます。次の毛髪が生えるまで時間がかかるので、その間にも抜け毛があると結果的に薄毛になります。この異常脱毛の原因はAGA(男性型脱毛症)、脂漏(しろう)性脱毛症、ストレス、遺伝、生活環境などです。


T1(3RD)
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
T2(3RD)