MENU

プロペシアの個人輸入の注意点


プロペシアは処方薬なので医療機関以外からプロペシアを入手することはできません。しかし最近ではネット経由でプロペシアを個人輸入される方がいます。ネットで手軽に入手できますが、注意点もあります。処方薬とされているからには理由があり、プロペシアを服用することで多少なりとも副作用が出ることがあるからです。例えば性欲減退、ED,肝機能低下、動悸などです。海外製のプロペシアを個人輸入するのは違法ではありませんが、何か起きたらすべて自己責任になります。特に海外製は日本製とは異なります。落とし穴としてはそれ以外にも1万円を超えると関税が発生する、個人輸入は勤務先や事務所では認めないこともあります。また服用量の加減や、飲み合わせ(他に飲む薬、アルコールなど)にも注意が必要なので、自己判断で判断できることを超えることもあります。

AGA治療薬の副作用

AGA治療薬には大きく分けると2種類あります。プロペシア(フェナステリド)とミノキシジルです。どちらも当初は別の治療薬として開発されたものですが、服用していた患者に発毛効果が認められてAGA治療薬として注目されるようになりました。どちらも薬なので副作用がないかというと人によっては現れることがあります。プロペシアは性欲低下、ED、じんましん、倦怠感といった副作用が出ることが認められています。そのためプロペシアの服用は医師の指導の元で服用します。ミノキシジルは血管拡張作用があります。もともと高血圧の方のための治療薬だったので、低血圧の方の場合は血圧が低くなりすぎるといった副作用があります。どちらもAGA治療薬としては認められて使われていますが、副作用奨励は確認されているので、AGA治療院などできちんと指導を受けて服用することが大切です。


T1(3RD)
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
T2(3RD)