MENU

AGAと遺伝の関係


男性型脱毛症の原因は遺伝や男性ホルモンの影響と言われています。遺伝に関してはドイツ・ボン大学の研究者が「薄毛の遺伝子」という研究論文を発表し、アメリカの専門誌の電子版にその概要を発表しました。このような薄毛に直結する遺伝子が発表されたのは非常に珍しい話です。この研究によると40歳までに薄毛になり始めた男性の家系に関して血液分析をしたという。その結果、若いにも関わらず薄毛になってきた人はX染色体の男性ホルモンの受容体遺伝子に変異があることが分かったと言います。これにより遺伝子変異が起きて、頭皮でアンドロゲン(男性ホルモンの受容体)の働きが強まり、抜け毛が起きるのではないかと推測しています。つまり母方の祖父が薄毛なら、自分も薄毛になるということがわかったということです。AGAは遺伝的要因もあるということが一部証明された結果です。

父親や祖父がハゲなら遺伝する?

AGAの場合、父親や祖父がハゲなら遺伝するのかといった相談が多いようです。実際に遺伝や男性ホルモンなど複合的な要因でAGAになると考えられています。ドイツの研究チームによるとハゲの遺伝子を発見し、米国の専門誌に掲載されました。男性の母親から受け継ぐX染色体は、母方の祖父の頭髪で自分が将来薄毛になるかもしれないということがわかりました。若くしてハゲた方はX染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に変異が目立つことがわかりました。男性はXとYの二つの染色体がありますが、Xは母親から受け継ぐので母方の祖父がハゲていると自分もハゲる可能性があります。父親がハゲていても実際に遺伝でハゲるかというとそこまではわかっていません。はっきりしているのは祖父にハゲがいる方は遺伝としてハゲる可能性があるということです。

AGA男性型脱毛症と男性ホルモンの影響

男性型脱毛症で悩んでいる人は現在の日本では1,300万人近いと言われています。この男性型脱毛症は思春期以降の男性に発生して、頭頂部の髪の生え際が後退する、または頭頂部の髪が薄くなるといった状態になります。男性型脱毛症はAndrogenetic Alopeciaと呼ばれ、略称でAGA(エージーエー)と言われます。このAGAは遺伝的要因もありますが、男性ホルモンの影響が大きいと言われています。この男性型脱毛症のAGAは男性ホルモンであるテストステロンが酵素により変換されることでジヒドロテストステロンに変わり、その働きが関係して起こると言われています。逆に言うと、このジヒドロテストステロンの生成を抑えることができれば、AGAの進行を遅らせることが可能になるということです。


T1(3RD)
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
T2(3RD)