MENU

男性型脱毛症AGAのM字型パターン


男性型脱毛症AGAには色々な進行パターンがあります。中でもM字型と呼ばれるパターンはサイドの生え際から進行するパターンです。一般的には西洋人に多くみられるパターンがM字型でアルファベットのM字型のように薄毛が進行します。そこからM字型脱毛パターンと言われています。このM字型の場合は前頭部のこめかみから薄毛が進行していきます。そして頭頂部の髪がやや残りながら進行するパターンになります。わかりやすい例でいうと俳優のニコラス・ケイジさん、ジュード・ロウさんなどももこのパターンです。最終的には後頭部や側頭部などにしか髪の毛が残らないようになることもあります。人により前髪の一部だけ薄毛の状態で残るケースもあります。

男性型脱毛症AGAのO字型パターン

男性型脱毛症AGAの中にはO字型という脱毛パターンがあります。これは頭頂部から進行していくパターンの脱毛症です。アルファベットのO字のように見えて、頭頂部から円形に薄毛が進行していきます。東洋人の中で一番多いパターンは実はA型と呼ばれると前頭部から進行するパターン(頭上から見ると額の中央部の生え際からアルファベット情のA字に見える)が最も多いのですが、それに次ぐのがこのO字型です。人によっては自分で見えにくい頭頂部から薄毛に広がるので、他人から指摘されるまでは気が付きにくいという特徴があります。最終的には他のパターンのように、後頭部と側頭部だけに髪が残り、最終的には頭頂部や前頭部の髪が無くなるというパターンになります。

AGAの進行パターンとは?

AGAの進行は人により個人差があります。最近薄くなったと急に気が付いた方がいる一方で、ゆっくり進行していく方もいます。ゆっくり進行した方は数年前の写真と今の自分が違うことに気が付いて初めてAGAだと気が付くこともあります。AGAの進行パターンには色々ありますが、N−H分類と言う方法によって分類されます。薄毛の進行パターンの分類です。大きく分けるとO型、M型、A型と呼ばれる3種類の進行パターンがあります。頭頂部から薄くなるA型(上からみてAの字のように見える、別名U字とも呼びます)、額の生え際から薄くなるM型、頭頂部から薄くなるO型などです。いずれにしても毛包が十分に育たないために、どのパターンも髪の毛が太く長くなる前に抜けていくという進行パターンです。


T1(3RD)
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
T2(3RD)