MENU

抜け毛・薄毛の原因〜遺伝と男性ホルモンの影響

男性の抜け毛や薄毛の原因は遺伝、男性ホルモンなどの影響が原因と考えられます。

 

思春期以降に額の生え際や頭頂部といったところ、またはどちらか一方などから薄くなっていきます。
特に抜け毛部分のDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度になり、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう原因物質だと考えられています。

 

このジヒドロテストステロンは5αー還元酵素という酵素によりテストステロン(男性ホルモン)から作られます

 

成長期が短くなると髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます
このことで髪の毛が十分に育たなくなり、細くて短い髪の毛が多くなって、全体的な印象としては薄毛が目立つようになってきます。

 

このように抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していくようになります。

 

 

遺伝かな?と思ったら。抜け毛、薄毛の兆候が気になりだした方へ

 

 

AGA(男性型脱毛症)は早期治療が大切です。

 

できるだけ早く、AGAの専門医に相談することで早く良い育毛結果につながります。

 

以下に無料で相談、カウンセリングしてくれて全国対応のAGA専門病院を紹介しています。

 

 

おすすめAGA治療専門病院2 AGAスキンクリニック

 

 

 

 

あなたの近くのAGAスキンクリニックの治療院と無料カウンセリングの詳細を見る

 

 


T1(3RD)
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
T2(3RD)