MENU

AGA治療薬の種類と効果


AGA治療薬の代表的なものはプロペシアという錠剤タイプのものがあります。
この成分であるフェナステリドは、当初AGA治療のためのものではありませんでした。
前立腺肥大症の治療薬だったのですが、抜け毛抑制の作用があるということがわかり、1997年にFDAに認可されて今日に至ります。

3年使用で7割程度の方に改善傾向があると言われています。
一方で別の種類としてはミノキシジルというAGA治療薬があります。
これは髪をつくる毛母細胞に直接働きかけるもので、細胞の働きを活性化して発毛を促す効果があります。これもプロペシア同様当初はAGA治療薬で開発されたものではなく、高血圧の方の治療薬でした。

服用者の髪が増えたという声があり、発毛剤として注目されたのがきっかけです。

薄毛用の薬について詳しく知りたい方は、お早めに専門医に相談を!



(AGA)男性型脱毛症は早期診断、治療が発毛の決めてになります。
毛母細胞が分裂不能になってしまうと、もう毛が生えてこなくなってしまうのです。

少しでも早く、AGAの専門医に相談することでより早く発毛効果が期待できます。

以下に無料で相談、カウンセリングしてくれて全国対応のAGA専門病院を紹介しています。

 

おすすめAGA治療専門病院2 AGAスキンクリニック

 

 

 

 

あなたの近くのAGAスキンクリニックの治療院と無料カウンセリングの詳細を見る

 



T1(3RD)
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
T2(3RD)