MENU

AGAの検査や診察って?


AGAで悩む人は親からの遺伝だとも言われています。
そして人知れず悩んでいることが多いはずです。

今ではAGAかどうかは検査によって判断することが可能になりました。
このAGAの要因となる遺伝子の半分は、母から受け継がれるので、父の頭の状態からは確実なことがわかりません。
両親の頭だけ見ても確実なことがわからないのです。

AGAのと判断するには遺伝子検査または医師に診断してもらうという2つの方法があります。

遺伝子検査はジヒドロテストステロンという毛根の奥のアンドロゲン受容体に結合して起こると言われています。
結合しやすいとAGAになりやすいのです。
アンドロゲン受容体の感度によってAGAになりやすいかどうかを判断します。

もう一つの診断方法は、病院やAGA専門クリニックで診察してもらう方法です。

病院などでは遺伝子検査だけでなく頭皮状況を診察してもらい、AGAが現在発症しているかどうかを診断して、そのまま治療に進みます。

男性型脱毛症の治療法

髪の毛には毛周期というものがあり3〜5年というサイクルで生え変わります。
脱毛症は再生する髪の毛よりも抜け落ちる髪の毛が多い時に起こります。
男性型脱毛症は「AGA]といってこのヘアサイクルの成長期が短くなることで起こります。
この男性型脱毛症の治療法にはプロペシアという男性型脱毛症治療薬を使います。
医学的効果が証明されているフィナステリドという成分を錠剤にした形です。

プロペシアにより男性型脱毛症の治療が比較的手軽に行えるようになりました。
男性型脱毛症に有効なプロペシアは、薄毛の原因となっている毛母細胞に働きかけて、DHTという男性ホルモンを抑えるようにします。
そしてその結果脱毛を防ぐ働きをします。

男性型脱毛症の治療ではこのような薬がありますが、その治療法を受ける前にAGAなのかどうか、という検査を受けます
人によってはプロペシアが効かないという場合もあります。事前にAGAチェックを受けるようにします。

AGAクリニックの治療法

AGAクリニックではどんな治療法が行われるのか気になるところです。
治療法は大きく分けると2種類あります。

一つは治療薬を服用していくか塗布する方法です。
これは発毛や育毛を促す治療薬としてプロペシアという内服薬を服用する、ミノキシジルという外用薬を塗布するという方法です。

二つ目は施術を行う方法で、成長因子を直接注入したり植毛するという方法です。
髪の成長を促す成長因子と呼ばれる栄養分を頭皮に直接注入して発毛を促す「メソセラピー療法」や「HARG療法」という方法があります。これは新しいAGA治療法として注目を浴びています。

また後頭部や髪の毛がある部分から毛根ごと皮膚を採取して毛根がない部分に移植する「自毛植毛」という治療法もあります。


T1(3RD)
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
T2(3RD)